各病院看護部門紹介

釜石病院

〒026-8550

岩手県釜石市甲子町第10地割483番地6

TEL.0193-25-2011

http://www.kamaishi-hp.com/

病院情報

[総看護師長]

小国 紀子

 

[看護体制]

一般病棟入院基本料 患者10:看護師1

 

[基本方針]

○ 看護者としての倫理を守り、安全安楽な看護を提供します。

○ 誰もが心地よさを感じる療養環境の整備に努めます。

○ 自己の目標達成に向け自己研鑽に努力します。

○ 充実感・達成感を高めるため働きやすい環境作りに努めます。

 

[診療科目]

総合診療科、内科、神経内科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、呼吸器科、麻酔科

 

[病床数]

272床(一般)

 

職員からのメッセージ

看護師 古川 いずみ 

私は、震災を機に医療局に再就職しました。どこに行っても医療・看護の基本となるものに変わりはなく、これまでに患者さんやご家族から「釜石病院に来て良かった」と何度も感謝の言葉を頂きました。

時には私の手を握り、涙ぐみながら話してくださった方もいました。このような温かい言葉が、基幹病院の職員として使命を果たそうと努力している私たちを力強く励まし、明日への糧となっています。

 

 

看護科PR

釜石病院看護科では基本理念として掲げる「人間性を尊重し、心のこもった安全で安心できる看護の提供」を目指して、看護師がパートナーシップを発揮しながら、業務を行っています。また、釜石市在宅医療連携拠点「チームかまいし」と連携し、退院調整や研修会の企画を行っており、さらには釜石市の教育委員会と連携し助産師が市内の小、中学校へ出向いて「いのちの授業」を開催し好評を得るなど、地域との協働を進めています。

職員一人ひとりを大切にし、キャリアアップを支援するために、計画的に看護学会や研修会に派遣しています。職員が楽しめるイベントも年に数回企画しており、夏には職員の家族も参加して夕涼み会を開催しています。

地域医療を担う中核病院の役割を認識し、患者さんを大切にした看護の実践に取り組んでいます。

≫岩手県立病院看護部門PR動画
ショートバージョンはこちら